free bootstrap template

経済指標の今を知る

明日の雇用統計の発表を待ってませんか?

ナムキャストとは、ナウキャストです。定期的に発表される経済指標ではなく、今、この瞬間のあらゆる経済指標を大規模なビッグデータから予測することで、迅速に投資家に情報を伝えます。

なぜリアルタイムを伝えるか?

情報は速度が重要
投資家の要望は企業の財務情報です。企業から発表される決算や有価証券報告書など定量的な情報を基準にして投資を考えてきました。いわばそれは、既知の情報を加工し分析することで投資リターンを狙っていました。まさにブルームバーグのように企業情報を統合することで、取引機会を狙っている投資家は数多くいます。

しかし情報伝達スピードの高速化にともない、既存アナリストの業績予想、特に短期的な予想は同じように収束する傾向にあります。また、同質な情報が広がることで世界経済は均一化し、投資先が集中する傾向も大きく見られます。
つまり財務諸表から得られる投資情報は徐々に価値が少なくなっています。決算が発表されるよりも前に企業分析、業界解析を行う者がだけ、今後勝利をします。

ナムキャストの強み

なぜ予測が可能か?

高精度の予測

実際の指数に近い値を推測するために様々なデータを用いて、経済の専門家とAIの研究者が常に最高の予測値を作っています。

迅速性

日本の経済指数は総務省統計局によって作成されており,ある月の計数は翌月の月末に公表されます。これでは経済の「今」を知ることができません。我々は毎日、その計数を予測しています。

膨大なデータ量

2011年から独自に取得しているPOSデータ,Twitter,ブログ,経済ニュースなどから常に経済指数を予測しています。

ナムキャスを使う3つの理由

既存の経済指数を
予測

GDP /短観・法人企業統計 /景気動向指数 /消費 /住宅・建設投資 /機械受注・稼働率 /鉱工業指数 /産業 /労働 /貿易 /国際収支/企業倒産/物価/金融 /株式・円相場 /日経インデックス /米国指標を含む

全く新しい指数

特定分野や業種に関する独自の活動指数を現在20項目、推定しています。イノベーティブ指数/インスタ指数/治安指数/人工知能指数/EC指数/ペット指数/渋谷指数/ゲーム指数を含む

精度は68%

既存指数の予測値と実測値の相関は76%を示しています。予測の二乗平均平方根誤差は0.68%ポイントです。

FAQ

一切関係ありません。独自のデータとアルゴリズムにより、公式発表の経済指標をリアルタイムで推定しています。

予測の二乗平均平方根誤差は0.68%ポイントです。

一部公開しております。詳しくはブログや活動報告をご参照ください。

Find our Technology

手法のご紹介